週刊ヤングジャンプ 2012年52号の感想


感想の一覧に戻る!


ローゼンメイデン … あまりにも久々過ぎて何も言えないですな…。クワガタは金糸雀はなかなか切れないのに薔薇の女王はやけにあっさり首を切ったなw 次回はまた一ヵ月後らしい。この漫画といい、GANTZやZETMAN、リアルといい、大御所になったからって連載をサボるのは真面目に書いてる他の作家さんの士気を下げるから個人的にはやめて欲しい。編集部がキープしたがるんだろうけれども。

キングダム … 李牧の恐るべき単独行軍に追いかける麃公軍! ラスト、「麃公か…」と呟く李牧にマジさがひしひしと込められていて燃えますな。場合によっては信と李牧の因縁はここで決着する。それくらい名場面になったね。
でも戦略的には、ふーむ、って感じではあるんだよね。伏線がないに等しかったから、後付感も多少感じてしまう。だが、細かいことは置いといて来週以降は見ものだな! 煽りに「次号、信や麃公は何故ここに!?」なんて書いてあるけどマジ理由説明なんて少しでいいからw元々李牧の策がそれほど深い描写じゃないだけにね。これから期待するのは戦描写! 李牧VS麃公の激突の末に麃公が討ち取られて、信が一矢を報いるなんて展開だったら燃えるな!!楽しみだ!

テラフォーマーズ … 作中通して思うけど、どうみてもゴキブリ軍団の方が強そうだよね。なんたって数が違うし。話としては今週もほぼ進まず全容が明らかにならなかったなぁ。感想としては何とも述べにくい。

GOKUSAI … ジョー自身の過去に踏み込んでいく展開。ただ踏み込むのがちょっと早くないかね? 絵で何をしたいのかも何となくぼんやりしているし、作品としてイマイチ見えてこないかな…(・〜・) まぁ自分との戦いがこの作品の核で、早めに種まきをしているのかもしれないけどね。

サイクロプス少女さいぷー … 何ともえぐい女子トーク。ちょっとこう言うのはピュアな僕は苦手です(ぇ

ヒトヒトリフタリ … 狙われる泉美元総理…。というか、元総理も含めて、春日総理が連れてきた三人って、今のところ役に立った描写がないよね? とりあえず話を盛り上げるための人集めだったんだろうか…? 政治という本当に笑い話じゃない深いテーマを描いている割りに、こういう展開上のノリだけで逃げ切ろう的な姿勢が、どうしても好きになれないんだけど。
 …とまぁ私情は置いといても、漫画的にも3人の実際の手腕を描かないのは良くない。泉美元総理も作中ですごいすごい言われてるだけでイマイチ実際に仕事した描写がないから、久保に襲われてもそこまで悲壮感がない。春日総理とリヨンだけで今まで何とかしちゃってるだけにね。

へーせいポリスメン … なるほど、ちえりちゃんの登場はこういう話に持っていくためだったのね。ホントこの作者は恋する黒澤さんラブだからな…w 今週はまずまずこの作品の中では切れがあったかと思います。

極黒のブリュンヒルデ … うぉぉ…マジか、この展開…。一連の奈波の話は神がかっていると言わざるをえないな…。まさか記憶を司るが故に、良太の中で生き続けるなんて…(´;ω;`) でも、それは良太から見た奈波なだけで、本人は紛れもなく死んでいるんだよね…。そんな奈波の幻影が敵の全貌をこの先教えてくれるなんて悲しすぎるわ…(´;ω;`) 奈波は僕にとっても忘れない人になったよ。     

サムライソルジャー … どうも雫の話に乗りきれていない自分ガイル。桐生の想いと、自分の本当の姿、閉ざされた自分の未来に苦悩する気持ちは分かるが…、それだけでヤクに走ってしまうのはちょっと理由として弱いな。心と頭の弱い青少年になってしまう。誰も悪くないとんでもない不幸とか、とんでもない誤解とか、そういう読み手の心に突き刺さる展開を絡めた方がより悲劇的だったんじゃないかな? まぁその一方で、最近はずっとサムライソルジャーを非常に楽しんで読んできたのだけど、この作者がテンプレを地道に重ねて描いていく人だということに段々気付いてきた。そういう意味では既定路線かもしれない。ともあれ、ヤクに手を出してしまったからには藤村が黙っているわけがない。来週も描写に期待です。

わたしはキャワワワ … 連載第2回。大亜門先生の平常運転としか言えませんw 2話目にしてエイナスが一時、「〜アス」を使わなくなったのはテラワロスw 先生の毎回のパターンからして連載からしばらくは心配してないです。ネタがなくなる10話以降が勝負だろうなー。

はじめての初音ミク … こ…これはまさかの外れ回でわ…。

WxY … まずは掲載順位に感動! これは時期的にぽこにゃん編の読者票の反映か? とにかくよかった! そして本編的にも今週もオモシロス( ^ω^)  Twitterで全部晒す若月さんも良いし、何だかんだで良い編集者をしている鷲尾さんも素敵! 特に2回連続カラーをゲットして手を振って喜ぶ鷲尾さんカワユスw しかし、リアクションと言うかドタバタ感が足りないかなー。素材は素晴らしいのに活かし切れてない気がする。鷲尾さんはもっと慌てたり怒っても良かったのでわ。来週は九十九里でカラー執筆か?w 後編で尻すぼみにならないように描いて欲しいね。

嘘喰い … ふむ…。展開は良いと思うのだけど、ちょっと描写が分かりにくくないか…? まぁでも「ゲームに買ったのはレーシィ、しかし勝敗に勝ったのは…。」の流れは順当な漫画の手法で素晴らしい。来週からはいよいよ締めかな。

東京喰種 … うーん、面白い。捜査官側の描写も実に緻密で興味深いし、バンジョーさんの描写もテンプレなのに引き込まれて面白い。一気に火がついてきたなこの漫画。ただ一つ、ヤモリだけはそこまでは興味が持てずw つまりは来週からの描写次第。期待してますよ!

源君物語 … なっ…マ…マジで…。今までで一番魅力的な子なのにいきなりの他人とのラブシーン! これはショック過ぎるわ(´;ω;`)!! 「私…誰もが欲しがる人がいいんです」に表されている通り、女性ならではの視点で様々な女性模様が描かれているよね。それが男性目線でNGにならないラインで描けているのがこの作品の強み。なので、今回の展開も男心を読んだ上の展開と考えれば…なんて恐ろしい子! とゆーことで、まずは血の涙で今回のラブシーンも受け流しますよ…(`;ω;´) なーに今後この子とのラブコメに入ると思えばかえって免疫が(ry

華麗なる食卓 
… 既定路線の仲直り描写。来週は、そして伝説へ…!?

白雪姫と7人の囚人 … 尊が進む道を明らかにしたのと、「実は藤丸にもいいとこあるんだよ!彼なりの背景があるんだよ!」の説明回。そして来週は都知事が登場…! 個人的な好き嫌いは置いといても、今回は漫画として堅実な良い構成だったと思う。ただ柵が動くコマはちょい分かりにくかったぞw 今回のように堅実な積み重ねを今後も続けてもらえると評価も上がるかもしれないね。

日々ロック … 走り出したら止まらねぇ!今週も日々ロックは全開だぜ! 風間のざまぁな姿も、春子と宇田川咲のモンスターゴーゴー前での劇的な出逢いも、来週の「ザ・ロックンロールブラザーズ」のライブのためにある!! うぉぉぉ、マジ早く聴きてぇ! 神ライブは、来週発売のヤンジャン上にて!!


ねじまきカギュー … これまでにないガチバトル! 正攻法のカギューvsトリッキーなエリザ、手の届く愛に生きるカギューvs生徒全てを背負って立つエリザ。見事な対比。見ていても気持ちよい。今後のバトルの行方も注目だ!!

ライアーゲーム … 随分長く引っ張るんだなぁ…。長く待たせた分の大どんでん返しがあるとも考えにくいが…。

ギャングスターアイランド … ちょwこの掲載順位ww完全に危険水域じゃないのか?w 今週も暗殺を狙ってきた女が些細な言葉で早速継木にほだされていたけど、読者からしたらどこにも感情移入できないもんなぁ…。それに話の行き当たりばったり感がよくない。何を描きたいのかが未だに伝わってこない。主人公のキャラとしても、ストーリーとしても中途半端なんだろうな。一連の事件の黒幕明かしで一発逆転を狙わないとちょっと厳しいかもしれない。

ハチワンダイバー … 今更だけど、ツッコミに回った卑弥呼はなかなかいい味出してるねw そよの決意も固まったし、ストーリーの筋としてはしっかり抑えていていいと思う。ただこの掲載順位は最近の低調気味な流れを現してしまっているなぁ。この戦いの後も菅田vs鈴木八段で、読者が楽しむ内容と言うより作者が描きたい内容だし…、地味にジリ貧だよね。

グランドスラム … えぇぇ、この位置!?この試合が終わったらしっかり感想言おうと思ってたのに、もしかしたらこの試合がラストかも!? 途中から読んでてあんまりとやかく言えないけど、やっぱこの試合が冗長だったんじゃないのかね? 何人かの心理描写ばかりで取り付くシマがなかった印象。少なくとも途中読者の僕が入っていけていないし。

ニポンゴ … 今更知ったけど、この作者も女性だったんだね! 残念ながら3週連続では僕のツボにははまらなかったわ! ごめん!


感想の一覧に戻る!